奄美大島(世界自然遺産)2泊3日旅

  1. 奄美大島ってどんなところ?
  2. 奄美大島(世界自然遺産)2泊3日旅
      1. 1日目
        1. 11:45 羽田発 JAL●●●便
        2. 14:00 奄美空港着 羽田→奄美大島(直行便2時間弱)
        3. 14:30 レンタカーを借りて出発!
        4. 14:40  土盛海岸  滞在30分
        5. 15:10 あやまる岬 滞在30分
        6. 16:20 ビッグⅡ奄美店 滞在40分
        7. 17:00 島どうふ屋 滞在40分
        8. 17:20 ホテルニュー奄美 チェックイン
        9. 19:00 屋仁川通り ホテルから徒歩で散策
      2. 2日目
        1. 9:00 ホテルニュー奄美 出発
        2. 9:10 奄美博物館 滞在1時間
        3. 10:40分 黒潮の森マングローブパーク 滞在1・5時間
        4. 12:20 奄美アイランド 滞在0分
        5. 12:25分 石抱きガジュマル 滞在5分 
        6. 13:00 瀬戸内海の駅 滞在30分
        7. 13:45 ホノホシ海岸 滞在20分
        8. 15:00 アランガチの滝 滞在20分
        9. 16:20 お食事 鳥しん 滞在1時間
        10. 19:00 ホテルニュー奄美
      3. 3日目
        1. 9:00 ホテルニュー奄美出発
        2. 9:15 田中一村終焉の家 滞在10分
        3. 10:00 大島紬村 滞在1時間
        4. 11:15 奄美パーク 滞在1.5時間
        5. 13:10 ランチ&デザート 滞在40分
        6. 14:00 奄美空港 レンタカー返却
        7. 15:00 奄美大島空港発 JAL●●●便
        8. 16:55 羽田空港着
  3. 旅行会社ツアーとの比較もしてみた。
  4. おすすめのお土産

奄美大島ってどんなところ?

令和3年7月26日 世界自然遺産登録が正式に決まりました!

奄美大島(Amami Oshima)は、日本の鹿児島県に属する、奄美群島最大の島です。
熱帯植物が繁茂し、美しいビーチやサンゴ礁、亜熱帯の植物が広がる自然に溢れた島です。特に、奄美大島には独自の生態系や動植物が多く存在しています。

奄美大島(Amami Oshima)は、日本の鹿児島県に属する、奄美群島最大の島で、
熱帯植物が繁茂し、美しいビーチやサンゴ礁、亜熱帯の植物が広がる自然に溢れています。
そのため独自の生態系や動植物が多く存在しています。
クリスタルクリアな海水と白砂のビーチが点在し、ダイビングやシュノーケリングが楽しめます。
海洋生物の多様性やサンゴ礁の美しさも魅力です。
島内には観光地も点在しており、その中には自然景観や歴史的な建造物が含まれています。
奄美大島では、地元の食材を使用した郷土料理も楽しめます。

奄美大島(世界自然遺産)2泊3日旅

旅程を作成し、今回も70代の母をお連れしました。
旅程通りのルートで旅を満喫することができました。

実は今回、わたくし。奄美大島は2回目です(^^♪

1回目はクラブツーリズムさんの添乗員付きのツアーで。今回2回目は個人旅行です。

クラブツーリズムさんの旅行は何度か利用させていただいたことがあるので、いつも
旅程を作成するときに参考にさせていただいているのですが、とにかくコスパが最高!
なので、個人で行くときは価格では勝てないので、ツアーではいけないスポットや、ツアーには
無い行き先で対抗しています(*’ω’*)

今回も島内の移動は、娘の私がレンタカーを運転しました。
とにかく人が少ない、車が少ないので、とても運転しやすかったです。

航空券、ホテル、レンタカー、現地のアクティビティ(今回はカヌー✨)の予約だけ
しておけば後は行くだけ!

奄美大島2泊3日プラン

1日目

11:45 羽田発 JAL●●●便

JAL機内ではお飲み物サービスがあります。お食事は出ませんので搭乗前に
お済ませいただくか空弁のお持ち込みもいいかもです♪

14:00 奄美空港着 羽田→奄美大島(直行便2時間弱)
14:30 レンタカーを借りて出発!

奄美レンタカーは空港の目の前。どこのレンタカー会社も常に空港前で待機していて送迎してくれるので、到着後はバスにのるだけ😊

ここで探すとレンタカー最安値見つかります!

格安レンタカーの料金比較・予約|乗り捨て可【エアトリ】
全国の格安レンタカー料金を比較・予約するならエアトリ!トヨタレンタカー、ニッポンレンタカー、日産レンタカーなど人気レンタカー会社の料金をカンタン比較!乗り捨て可、直前予約、2日レンタルもOK!人気の東京、大阪、沖縄、札幌、福岡など全国の格安...


【奄美空港→車6分→土盛海岸】

14:40  土盛海岸  滞在30分

まずは空港から一番近い 土盛海岸へ 奄美大島で一番きれいなビーチと言われています✨ビーチ散策。ぼーっと海を眺めるのも癒されます。ビーチハウス的なものはないので、日焼けしたくない方は日傘かお帽子必須です。

【土盛海岸→車5分→あやまる岬】

岬から景色を見る。こちらも絶景✨奄美十景、新鹿児島百景の一つです。観光地案内所の中には みしょらんcafeがあります。珈琲、ハンバーガー、ソフトクリームありました(^^♪
天気が良ければ喜界島やサンゴ礁が見えます。

15:10 あやまる岬 滞在30分

【あやまる岬→58号線車30分→ビッグⅡ奄美店】

16:20 ビッグⅡ奄美店 滞在40分

奄美大島で一番多きなスーパーです。地元食材やお弁当、お土産もたくさんあります。
地元の名産品は地元のスーパーが一番リーズナブルで品数豊富✨
お土産品もたくさんあります😉

【ビックⅡ奄美店→58号線車10分→島どうふ屋】

17:00 島どうふ屋 滞在40分

島豆腐が味わえるお店。島豆腐の定食が1000円前後でいただけます。
山芋豆腐の食べ放題も人気です。

○営業時間:11:00~19:00 
 定休日は無いようですが事前確認をお願いします。
○TEL:0997-55-4411

【島どうふ屋→58号線車18分→島どうふ屋】

17:20 ホテルニュー奄美 チェックイン
19:00 屋仁川通り ホテルから徒歩で散策

ホテルに荷物を置いて一服したら。近所の屋仁川通りの散策。居酒屋さんが立ち並ぶ
通りです。

2日目

9:00 ホテルニュー奄美 出発

ホテルニュー奄美の朝食はブッフェなのですが、鶏飯がおいしすぎて(*’ω’*)朝から満腹でした。
二日目はタイムリミット無いので遠出します。その前に近所の奄美博物館。

【ホテルニュー奄美→6分→奄美博物館】

9:10 奄美博物館 滞在1時間

シマ(集落)の伝統的な暮らしを中心に、1階展示室「黒潮に育まれた奄美」、2階展示室「境界の歴史に育まれた奄美」、3階展示室「亜熱帯雨林に育まれた奄美」で構成し、自然・歴史・文化の分野をひとつにまとめあげた「環境文化博物館」です。

○営業時間:9:00~17:00(入館は16:30まで)
○休館日:毎月第3月曜日、12月28日~1日
○入館料:大人300円、大学、高校生150円、小中学生100円
○TEL:0997-54-1210

【奄美博物館→58号線30分→黒潮の森マングローブパーク】

10:40分 黒潮の森マングローブパーク 滞在1・5時間

カヌー体験、セグウェイ試乗やグラウンドゴルフもできます
国内最大の亜熱帯照葉樹林が広がり、東洋のガラパゴスと言われているマングローブ原生林の中をカヌーで探検もできます。ガイドさんが付きっきりで面倒見てくれるので初心者でも安心。
ツアーの団体さんも多いので、カヌー乗りたい方は事前に予約したほうがいいそうです。
パーク内と展望台は500円で散策できます。

カヌー体験
○スタート時間:10:00 11:30 13:00 14:30 16:00
○料金:大人2000円、子供1800円、幼児無料
   1時間、ガイド、保険付き料金です。
○TEL:099-756-3355

【マングローブパーク→車10分→奄美アイランド】

12:20 奄美アイランド 滞在0分

日本各地や東南アジアの民具や衣装、農具等を展示した博物館がメイン、敷地内には洋ランやベゴニアの栽培をしている温室や大鯰のいる水族館、隣には世界の珍しいサボテン500種と小動物が見られるサボテン園などがあり、見どころ満載のレジャー施設。だったが、2010年に発生した土砂災害で尊大な被害を受け、復旧未。行ってみたけど廃墟に近い感じだったので駐車場から写真だけ(‘;’)

【奄美アイランド→車5分→石抱きガジュマル】

12:25分 石抱きガジュマル 滞在5分 

住用湾に沿った道路脇に大きな岩に根を張ったガジュマルの木ががあります。石抱きガジュマルは県の天然記念物に指定されており、大きな岩にガジュマルの根が包み込む姿は大型盆栽のようでとても美しい。駐車場はなく道端なので路駐でちょっと写真だけ(*’ω’*)

【石抱きガジュマル→車20分→瀬戸内海の駅】

13:00 瀬戸内海の駅 滞在30分

遅めのおひるごはん✨海鮮をいただきます。
せとうち海の駅は、大島海峡の特性を活かした国内有数の生産量を誇る養殖クロマグロの
海鮮丼が食べられる飲食店や地元の魚介類・特産品の販売所があります。
時間が遅くなるとメニューが残り少なくなります(‘;’)
加計呂麻島へ行くにはここからフェリーに乗ります。加計呂麻島が見えますよ!

【瀬戸内海の駅→車13分→ホノホシ海岸】

13:45 ホノホシ海岸 滞在20分

この海岸は太平洋に面しており、海岸の石、砂利は打ち寄せる荒波に洗われて玉石と化しています。波が引くときには、石が擦れて太鼓のような音が聞こえます。沿岸には奇岩がきり立ち、洞窟もあって、豪壮な景観を有しています。注!石持って帰っちゃダメ!

【ほのほし海岸→車41分アランガチの滝】

15:00 アランガチの滝 滞在20分

水量が多い滝。奄美最高峰の湯湾岳を源流に流れてきている川だそうです。車止めてからちょっと(5分くらい)歩きます。何とも言えない澄んだ空気感。
ちょっと離れたところにあるので、時間に余裕があれば行ってみて。

【アランガチの滝→車53分→鳥しん】

16:20 お食事 鳥しん 滞在1時間

10時間ほどじっくり煮込んだ鶏ガラと奄美の天然塩を使用した特製スープをかけて味わう奄美のソウルフード「鶏飯」。本場の鶏飯を提供する「鳥しん」には、多くの観光客が訪れています。その他、鶏飯のスープを使った「鶏飯ラーメン」や朝引きの新鮮な「鳥刺し」、郷土料理でもあるハリセンボンの味噌汁「アバス汁」など、メニューも豊富。ランチにもおすすめですよ。

○営業時間:11時~23時 無休  
○TEL:0997-53-6515
 ホテルニュー奄美からでもOK 徒歩8分 

19:00 ホテルニュー奄美

3日目

9:00 ホテルニュー奄美出発

【ホテルニュー奄美→車10分→田中一村終焉の家】

9:15 田中一村終焉の家 滞在10分

この後行く予定の奄美パークに田中一村さんの絵画の展示があります。素敵な絵です✨

【田中一村終焉の家→車20分→大島紬村】

10:00 大島紬村 滞在1時間

奄美大島が誇る日本を代表する絹織物、本場奄美大島紬の製造工程が見学できます。ご案内にはすべてガイドがつきます。
奄美大島でしか見る事のできない大島紬村オリジナルの最高級大島紬や紬小物商品、お土産品など多数取り揃えてあります。

○営業時間:9:00~17:00
○休館日:年末年始(12月31~1日)
○入場料:大人500円、子供200円(ショッピングのみの利用は無料)
○TEL:0997-62-3100

大島紬が高級な所以がわかります。手作業で細かな点と点を折り合わせてゆく工程は感動です✨

【大島紬村→車11分→奄美パーク】

11:15 奄美パーク 滞在1.5時間

奄美の郷
奄美の自然、歴史、文化を映像や展示などで楽しく学び、また最新の観光情報を提供します。
奄美シアターでは「森と生きる 祈りの島」、「奄美群島 島めぐり」、「亜熱帯の輝き」を上映しています。

黒潮に育まれた亜熱帯の島、奄美。独自の進化を遂げてきた神秘的な自然や固有の動植物の力強い姿、そして自然とともに暮らす人々の姿を高品質な映像、サウンドにより立体的な音響で情感豊かに描き出します。
田中一村記念美術館
奄美の自然に魅了された不遇の天才画家・田中一村の数々の傑作を展示する美術館です。

○営業時間:9:00~18:00(7月、8月は19:00まで)
○休園日:毎月第1月曜日、第3水曜日(祝日の場合は翌日)
 (4月29日~5月5日、7月21日~8月31日、12月30~1月3日は閉園)
○TEL:0997-55-2333

【奄美パーク→車6分→きょらうみ工房】

13:10 ランチ&デザート 滞在40分

きょらうみ工房、ラ・フォンテ 

小さな空港なので迷うことはないのですが、心配であれば早めに保安検査場を通過しておいて
出発ロビーにファミレス(ジョイフル)があるのでそこで遅めのランチでもいいかもです。

【きょらうみ工房→車10分→奄美空港】

14:00 奄美空港 レンタカー返却

ガソリン代 レンタカーは借りる時点でガソリン満タン。返却時にガソリン満タン返しです。
3日間走り回ってガソリン代は2270円でした。

15:00 奄美大島空港発 JAL●●●便

チェックインのタイムリミットはだいたい20分から30分前。小さな空港なので迷うことはなさそうですが、繁忙期には早めの着が安心です。

16:55 羽田空港着

今回も70代の母をお連れしましたが、移動はほぼレンタカーで、道も空いていて、目的地の近くまで車で行けるので歩くことはあまりなく、疲れやすい、足が痛くなってしまう方にもおすすめのコースです。

旅行会社ツアーとの比較もしてみた。

旅行会社のツアーと個人旅行。料金的に比較すると

大きな差はないです!航空機の金額や、時期によっては個人旅行の方が割高になります。

確実に安くなる方法は、LCCを利用することですね。

【今回の個人での旅行費用】

航空機 JAL 往復2人 95960円

(LCCならば往復 2人 24000円くらいで行けちゃいます!)

レンタカー3日 11000円

ホテル 2泊3日 25000円

合計 131960円

(楽天トラベルやじゃらんぱっくで航空機+レンタカー+ホテルのセット予約を

すると110000円くらいで取れます。お得ですね!!)

ガソリン代 レンタカーは借りる時点でガソリン満タン。返却時にガソリン満タン返しです。
3日間走り回ってガソリン代は2270円でした。

各施設入と朝食以外のお食事とお土産代です。

【クラブツーリズムさんで同じようなツアーに参加した場合】

日によって多少前後しますが、コミコミで約6万円(1人)です。
料金的にはとてもお得です。

【エアトリプラス】国内航空券+ホテル(格安航空券+ホテル)
様々な航空会社の格安航空券と宿泊施設(ホテル、旅館など)の組み合わせが自由自在なダイナミックパッケージをご提供。お好みの航空券とホテルを選んでセットに出来る航空券とホテルのパックは旅行や観光にぴったり!国内航空券+ホテルならエアトリプラス!

ツアーメリット
①バス移動なので運転しなくていい(^^♪
②道中ガイドさんが楽しいお話をしてくれるので、島のことがよーくわかります(^^♪
③JAL利用の場合はツアーの方が安いです。
④時間の管理を自分でしなくていい。
ツアーデメリット
①ツアーには組み込まれていない観光スポットには行けない。
②トイレや食事休憩が自由にとれない。
③航空機の座席指定ができない。
④バスなので移動時の風景や街並みを堪能しずらい。
⑤時間の管理が必要。
⑥とにかく自由!

おすすめのお土産

奄美大島は黒糖焼酎が有名です。
その中でも”じょうご”(焼酎)フルーティでとてもおいしかったです♪

黒糖そのものがキャンディーのように個包装になっている商品もおいしかった!
お土産にも最適✨
スーパーで買うのがおすすめ。

大島紬村に行けば、大島紬の高級な理由がわかります。すべて手作業で作り手さんの時間と努力の
結晶です。
着物は高価でなかなか手が出しずらいけど、身に着けやすい一品小物がたくさんありました。

では!皆さまも素敵な旅を(*’ω’*)



コメント